本文へスキップ

曹洞宗系単立宗教法人

TEL. 0242-28-1110

ペット葬は24時間対応・いつでも火葬とご供養を承ります

心の修養(しゅうよう)


これはブッダの言葉です。悟りを得たブッダは「鹿の園」と呼ばれる森で初めて説法をしました。

心の修養とは

 修養者は、清らかな環境の中で静かに落ち着いて、適度に労働し、学修し、心を見つめます。これまでの間違った生き方や犯した過ちを直視して、懺悔(さんげ:強く反省すること)することから始めます。そして真理を学び、それらを自分の生きる智慧とします。智慧によって、正しい物の見方や正しい努力の仕方が身につくのです。それは他の誰でもない修養者自身の幸福となります。
 私ども僧侶は、修養者と対話し、個性を認め、褒め、教え、愛することで関係を築いていきます。すべてはお釈迦様が説かれた「慈悲」と「智慧」に基づいて行われます。正雲寺での日常生活を基本に、坐禅、聞法、内観、写経などを行って心の修養に努め、自己改善の道を探ります。心の修養には下記の5種類がございます。

① 入門的な体験プラン「心の休息」
② 自己啓発プラン「心の修養」
③ 長期にわたり修養したい。
④ 出家して仏弟子として生きたい。
⑤ 在家のまま仏弟子として生きたい。



① 入門的な体験プラン「心の休息」


 「お寺でゆったり過ごしたい」や「修行を体験してみたい」という方のためのプランです。ここには、お仕事の電話もメールも入りません。自然の中を散歩したり、犬と遊んだり、ボーッとしたりと、ご自由にお過ごしください。せっかくの機会ですから、朝夕のお勤め・坐禅・写経をご体験ください。心が澄んで軽くなっていくことでしょう。作務(さむ:屋内外の清掃や作業)は希望者のみです。坐禅と写経については、僧侶が優しくご指導いたしますのでご安心ください。下記のスケジュールはあくまで参考例です。



●入門的な体験プラン「心の休息」のご利用料金(一人一泊)  3,700円(素泊り)
4,000円(朝食付)
4,500円(二食付)
5,000円(三食付)
○冬期(12月1日~3月31日)は雪のため、お休みとさせていただきます。
○食事は僧侶と同じ内容です。質素ですが、野菜を中心とした健康重視の家庭料理です。素泊りの方は、厨房(冷蔵庫・ガスコンロ・電子レンジ)をご利用いただけます。正雲寺周辺には食料品店、レストランなどはございませんので、会津若松市内でお買い物などを済ませてからご来寺ください。
会津美術館や仏像美術館(各館500円、2館共通800円)もあわせてお楽しみください。



② 自己啓発プラン「心の修養」


 現実の悩みや苦しみと正面から向き合います。僧侶がそのお手伝いをいたします。人には成熟に向かって前進する力がそなわっているものです。その力を信じ、質素でまっすぐな宗教生活の中で仏の智慧を学び、心の転換をはかります。まずは悩みや苦しみをすべて仏さまに告白することから始めましょう。

朝課・晩課
ちょうか・ばんか
朝6時と夕方4時に仏殿にてお経を読みます。
初回の参列時に「入堂の儀」を執り行ないます。
坐 禅
ざぜん
坐禅40分、経行(きんひん) 5分を一回とし、これを数回行ないます。
写 経
しゃきょう
経典(『摩訶般若波羅蜜多心経』など)をそのまま筆で書き写します。
文末に願い事を記してから、お釈迦様にご奉納いたします。 
作 務
さ む
建物内部または屋外の清掃や作業をします。 
内 観
ないかん
「今の私」と題して、毎日、A4用紙一枚のレポートをご提出ください。
仏さまにお聞きいただくものですから、本心をお書きください。
独 参
どくさん
個人面談です。 皆さまのお話を時間をかけて丁寧にお聴きします。

●自己啓発プラン
「心の修養」の修養料(お一人様)
 1泊2日  9,000円
 2泊3日  18,000円
 3泊4日  24,000円
 4泊5日  32,000円
 5泊6日  35,000円
○冬期(12月1日~3月31日)は雪のため、お休みとさせていただきます。
〇お子様(未成年者)お一人でのご利用はできません。保護者様のご同伴をお願いいたします。

○一泊朝夕の2食付きです。食事は僧侶と同じ内容です。質素ですが、野菜を中心とした健康重視の家庭料理です。昼食については、各自でご用意ください。厨房(冷蔵庫・ガスコンロ・電子レンジ)をご利用いただけます。修養中は外出できませんので、上山前に日数分の買い物を済ませておいてください。
○寺院生活はすべてが平等です。年齢、性別、社会的地位などに対する配慮は一切いたしません。ただし、お身体の不自由な方や病気の方はこの限りではありません。ご遠慮なくお申し出ください。
○次のことを遵守してください。お守りいただけない時は、ただちに下山していただきます。
 ●酒・タバコを禁止します。
 ●携帯・スマホ・コンピューター・タブレットなどのすべての電子機器の使用を禁止します。
 ●修養中の外出・面会を禁止します。
 ●自由時間以外で他人との私語・雑談を禁止します。
○修養料は全額前納です。万一、途中下山をする場合でもご返金いたしかねますのでご了承ください。
○労働できる服をご用意ください。作務衣が最適ですが、ジャージのような柔らかい服でも結構です。
○下着・洗面具・寝間着・A4レポート用紙(提出用)・筆記用具をご用意ください。
○自由時間には、会津美術館や仏像美術館(各館500円、2館共通800円)でお楽しみください。



③ 長期にわたり修養したい


 心の病を患っておられる方で転地療養を望む方が対象です。俗世間に比べると、仏門は極めてストレスの少ない環境です。概ね半年から一年にわたり正雲寺で生活し心の修養につとめます。40歳未満の男女で服薬していない方、またはすでに薬物療法が終了している方に限ります。正雲寺から通院することはできません。修養料は、すべてを含み毎月12万円です。詳しくは、電話 0242-28-1110 またはメールmushou@shounji.or.jpでお尋ねください。まずは一週間ご滞在いただき、寺での生活をご体験ください。その後、お話しを伺った上で決定いたします。



④ 出家して仏弟子として生きたい


身も心も仏道に置いて、心を修練したいという方もいらっしゃることでしょう。そのような方にも広く門戸を開きたいと思います。詳しいことは実際にお目にかかって取り決めたいと思いますが、さしずめ以下のことを最初の条件とさせていただきます。

  1. 年齢は40歳くらいまでの方。
  2. 将来的に出家をお考えの方。性別は問いません。女性の方も歓迎いたします。
  3. 人の役に立ちたいという心を持っている方。
  4. 人に優しくできる方。
  5. わがままを言わない方。
  6. お掃除や草花の手入れができる方。
  7. パソコンを使える方
  8. 自動車免許をお持ちの方。

ご希望の方は、最初に顔写真入りの履歴書を会津本山にお送りください。書類選考の後、お話をよくうかがった上で決定いたします。ご送付の際は、封書に「履歴書在中」と明記してください。




山門「歓喜門」から眺める夕焼け。


⑤ 在家のまま仏弟子として生きたい


 年齢や性別は問いません。これまでと変わらず日常の生活を送りながら、仏法に沿った生活態度を目指します。授戒会(16条の戒律を受ける儀式)を経て、お釈迦さまのお弟子となり、真の仏教徒としての自覚を持って戒を実践し保ち続けます。これを生活の礎にして、その上に幸福な人生を築くのです。詳しくは、電話 0242-28-1110 またはメールmushou@shounji.or.jpでお尋ねください。



宿坊「耕雲館(こううんかん)」のご案内



宿坊「耕雲館」の初春。


宿坊「耕雲館」の盛夏。


頭に浮かんでくるものは浮かぶに任せ、消えていくものは消えるに任せます。ただひたすら坐ります。

 耕雲館(こううんかん)は、修養者が宿泊・坐禅・写経・聞法などに使う修行道場です。館内には、36畳間2部屋、18畳間1部屋、厨房、浴場、トイレ(男女兼用)がございます。宿泊30名様、坐禅60名様、セミナーなど100名様までご利用いただけます。正雲寺周辺には食料品店、レストランなどはございませんので、会津若松市内でお買い物などを済ませてからご来寺ください。ご不明の点は何なりとお尋ねください。皆さまのご来山を心よりお待ち申し上げております。なお、冬期(12月1日~3月31日)は雪のため、お休みとさせていただきます。

●詳しくは、「耕雲館」のページをご覧ください。



バナースペース

正雲寺 会津本山

〒965-0815
福島県会津若松市
東山町湯川角仏沢643
開門時間 8:00 ~ 17:00
ペット葬は24時間対応

●正雲寺への行き方

TEL 0242-28-1110
FAX 0242-28-7078

Mail info@shounji.or.jp

正雲寺 大分別院

〒879-5525
大分県由布市挾間町朴木1027

TEL 097-583-4433
FAX 097-583-2640

●ホームページはこちら

正雲寺 京都別当

〒616-8006
京都市右京区龍安寺住吉町22
TEL・FAX 075-406-5939
●詳しくはこちら